読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーボード上のいらないキーをよく使うキーに変える

はじめに

日本語配列のキーボードには変換、無変換とかカナとかほぼ使わないキーがいくつかある。 これらのキーは親指のホームポジションあたりにあるので、Altなどのよく使うキーに置き換えて有効活用することにした。

入れ替えたキーは以下

  • 無変換->全角半角
  • 変換->Alt
  • かな->Alt
  • Insert -> Delete

Xmodmap

XmodmapはXorgでキーマップを変更するためのやつ。 こちらが詳しい。

~/.Xmodmap に以下を書き込む

! 無変換->全角半角
keycode 102 = Zenkaku_Hankaku
! 変換->Alt
keycode 100 = Alt_R
! かな->alt
keycode 101 = Alt_R


! 以下はHHKBではいらない
! Insert -> Delete
! keycode 118 = Delete

!はコメント。HHKBを使っているのでInsertを入れ替える必要はなかったけど、会社では普通のキーボードを使っているので書いておく。

あとは~/.zshrcなどに

xmodmap ~/.Xmodmap

と書いておけば、ログインするたびに上の設定を読み込んでくれる。

C-nでDownしたい、が、できない。

Emacsユーザーなので、Chromeなんかを使ってるとC-nで大量のウィンドウを生成したり、C-pで印刷プレビューを開いてしまうことがよくある。

Xmodmapを使えばできるかと思ったけど、できなかった。 試したのは以下。

keycode 57 = n N Down Down

この右側2つがてっきりCtrl押した時の挙動とかそういうのかと思ったけど、どうやら違うらしい。 こちらによると、これはMode_switchというキーを押した時の挙動らしい。

さらにこちらには

"Usually the Mode_switch key is used on non-US keyboards for a few selected keys only"

とか書いてあって、なんじゃそりゃ。

左CtrlをこのMode_switchキーに割り当てることはできるけど、それをやるともはやCtrlキーでなくなってしまうので、本末転倒であった。

とりあえず、Chromeのアドオンで対応することにする。

参考